ポメラニアンにはドッグフードは与えすぎない

私がかっているワンちゃんはポメラニアンです。気をつけることについて、ワンちゃんを買ったところに教えてもらったことと病院を受診した時に注意をすることをつたえられたので、そのことについて守るようにしています。

まず守ることとしては、ドッグフードは与えすぎないということです。私のワンちゃんの場合は、体重が2kgしかありません。そのため与えすぎてしまうと、直ぐにお腹を壊すことがあるみたいです。また、足が細いので肥満になることにより、骨折をしやすくなります。そのため、少し少なめを意識して与えすぎないことにしています。ワンちゃんは、欲しがるのでそこをセーブしています。

またどのワンちゃんでも必要なこととして、ダニ予防はすることにしています。特にポメラニアンの場合は、毛が長いのでその中にダニが入りやすく取れにくくなっています。そのため、通常のワンちゃんよりもそのことを気をつける必要があります。ダニ予防の薬を与えることにしています。あとは、必要な予防駐車もできるだけ受けることにしています。

そして、ポメラニアンの場合は一番気をつけることとして足が細いので骨折しないように家を環境を整えることです。ちょっと飛び跳ねて足に衝撃があると、脱臼をしたり骨折をすることがあります。実際に脱臼を一回と、骨折を一回して骨折の場合は手術になりました。そのため、フローリングに絨毯を敷くこと、ベッドなどに上がることがあるのでそのベッドを低めにセッティングすることなどを気をつけています。

また階段で骨折と脱臼をしてしまったので階段は登らないように柵を準備しました。そのように少しの段差も要注意です。脱臼は、知らない間になっていることがあります。そして自然に治ることもあるようです。ところが骨折はいきなり歩くことができなくなります。そしてとても痛がってなきます。それが辛いので、なんとか家の中の環境を整えることにしています。
また、足を鍛えるために散歩は欠かしません。